La crie (ラクリエ) ~もの言わぬ、モノの叫び~

La crieのモノ創りの日々、 イベント情報のお知らせ。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 稼ぐ人の長財布を創るのは、誰だ? > 一粒万倍日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一粒万倍日

La crie online shop


先日、まさに「春財布」をご注文頂いたんですが、
このお客様、並々ならぬこだわりをお持ちで・・・。

完成し、ご報告を。
中々いらっしゃらないので、本日もう一度。
たぶん今日いらっしゃると思っていたので。
そう、今日は「大安」。



「2日後、一粒万倍日なんで、19日に伺います。」

「えっ??すみません、いち・・・なんですか??」



一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、
選日の1つである。単に万倍とも言う。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、
お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは
苦労の種が万倍になるので凶とされる。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。
その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、
凶日と重なったら半減するという。

一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載
されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから
民間暦に掲載されるようになった。

ウィキペディアより



いや~、勉強になりました。

お客様は経営者の方なんで、これぐらい常識なのでしょう。

この長財布で、万倍に儲けて頂きたいです。



120114_181920.jpg



オーダーメイド
手染本革長財布
¥35.000-


スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © La crie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。